office-worker-advent-2014-01

これまで会社員として働いてきた軌跡とか(1)

会社員 Advent Calendar 2014に参加しています。
前日はカナさんでした!

私のおしごと
http://www.kanalabo.com/archives/2151

わたしは高校卒業後に、半年夜間スクールに通ってWebの基礎を学び、
ずっとWeb業界で働いています。もう7年とかになるんですね。月日が過ぎるのは早いです。

夜間スクール卒業後

ずっとWeb業界で働いています、と書きましたが、スクールを卒業したのは秋、
働き始めたのは春、と半年ブランクがあります。

その間、特に就職活動なんかはしていなくて、高校の頃から働いていたところでバイトを続けていました。
これじゃいけない!と思って一念発起し、紙のポートフォリオを作って就職活動を始めました。

ポートフォリオと言っても実績なんて何もないので、自分のプロフィールと在学中に作ったサンプル?を載せる程度の、今思えば「なんてものを・・・」というシロモノです。

一回目から紙のポートフォリオを持っていったのが効いたのか、
やる気が認められたのかはわかりませんが、面接のその場で「ぜひうちに」とお声がけ頂けました。

初めてのWeb制作会社

実はスクールに入る前からHTMLは書けました。
ルールとかそういうのはめちゃくちゃで目も当てられませんが、元々作るのが好きだったんです。

スクールには基礎固めとソフトの習得のために行きました。というか、スクールに入るまでAdobe製品を知らなかったり・・・。今思えばあのときのわたしは何でデザインしていると思っていたのだろう?

・・・本題と逸れました。

就職した会社では某ショッピングモールサービスの運用だったり、当然ながらWebサイトの制作だったりをすることになります。

先輩デザイナーさんに色々と教えてもらいながらサイトのパーツを作ったり、バナーのデザインをしたり・・・それまで我流でやっていたので、当然ながら間違った知識、知らなかったことが大量に出てきました。

当時はとにかく吸収することがいっぱいで、それが楽しかった気がします。

会社の方針的にも、とにかくいろんな事をやりました。デザイン、コーディング、Flash・・・。
当時、ActionScript3.0が出たばかり?の頃で、出来ないのが悔しくてしくしく泣きながらやったのはいい思い出です。
(わたしが泣いてしまうものだから、社長さんは「もう嫌になって明日から来なくなるんじゃ・・・」と恐々としたとは後で聞きました)

今思えば、オブジェクト指向のプログラミングの基礎的なものはここで習得できたのだなあと思うし、必要以上にJavascriptやPHP(と言ってもWordPressしか出来ないんですが)が苦手にならなかったのは、AS3.0がすっっっっっごくトラウマ(!)になったからだと思います。
生贄にしてごめんなさい、AS3.0・・・。

次のトラウマはデザインだったりします。クライアント様に提出したデザインが思いっきりバツくらって返ってきて、すっかり自信をなくしてしまいました。(いえ、バツは当然です。今は当時のデザインをくっきりとは思い返せませんが、バツくらって当然の出来だったと思います)

わたしはこれ以降、お仕事でのサイトのデザインは全く手を出していません。

「デザインとアートは別」

わたしはデザインをするには引き出しも、知識も、何もかも足りていなかったのです。
・・・トラウマの話が続いていますが、これで一つ、よかったことがあります。

それは、わたしはデザインよりコーディングの方が好きだ、という確信が出来たこと。

スクールに通う前に個人Webサイトを作ったりはしていて、その時はデザインも当然自分で好きにやっていたのですが、やはりコーディングの方がウキウキしていたんですよね。当時は色んなHTML・CSSのサイトからコピペばかりで、その意味もさっぱりわかっていませんでしたが。

コーディングに逃げた、と言われるとそうかもしれません。でも、元々1人で黙々調べ事をしながら作業するのが好きなぼっち属性タイプだったのです。デザイン見て、「ここはこのタグで・・・」と考え始めてしまうくらいなのです。

この辺りから、わたしの方向性的なものがだんだんと見え始めてきました。

プロジェクトマネージャーの経験

Webサイトのデザインの仕事は回ってこなくなりましたが、代わりにプロジェクトマネージャー、というか進行管理を任されることになりました。お金周りのことは一切していないので、完全に案件の進行管理のみです。

最初の仕事はよく覚えています。とある大手の会社様の下請けです。

右も左もわからず、何をしたらいいのかそわそわして、ひたすら先方からのメールが溜まっていっていました。
今思えば最悪ですよね。下請けがちゃんと確認しているのかわからない状況。

当然、レスポンス返してって言われます。はい、当然です。
それから、わたしは来たメールに対して即レスを心がけています。

確認が必要で、すぐ返事が出来ないものであれば「確認して後ほどご連絡します」。
ただの連絡であれば「承知しました」とか「了解しました」。(ホントは了解はダメなんですよね)

こんな簡単なことだったんです。わたしはなにをぐずっていたんでしょう?

メールをさばき、時には電話したり、受けたり。
なかなか大規模の案件だったので、この時は日々の運用案件以外はこの案件しかやっていなかったような気がします。
無事にリリースされた後はほっとしました。

この後から、段々とプロマネ兼コーダーという立ち位置が確立されていきました。

長くなってきたので、続きは明日。転職のお話と、現在の話。これからしたいことについてつらつら書いていく予定です。

copyright © mellowchanter.info All Rights Reserved.